ハーバルラビットは唇の黒ずみにも効く?そこで分かった効果とは

ハーバルラビットはデリケートゾーンの黒ずみケアクリームとして販売されています。

ですが、黒ずみだったら他の場所にも使えるのでは?

結論から言うと、ハーバルラビットで黒ずみを解消することはできます。

しかし、消すことができない黒ずみもあるので、あなたの唇の黒ずみはどのタイプに属するか把握する必要があります。

黒ずみはどうしてできるの?

黒ずみが出来てしまうメカニズムは、日焼けと全く同じです。

暖かい日差しを浴びるのは気持ちがいいですが、皆さんご存知の通り、紫外線には様々な危険性があります。

もし、紫外線を直に浴び、肌の奥深くまで行き届いてしまうと、皮膚がんやDNAの破壊、皮膚病などのリスクが高まります。

そのため、ヒトの身体は紫外線を浴びた際に、メラニン色素を生成し、紫外線から皮膚を守ります。

アフリカなど色の黒い人種は紫外線の強い地域に多く住んでいて、肌を守るために黒くなっていったんですね。

また、紫外線だけでなく、様々なダメージから守るたびに肌は黒くなっていくのです。

唇の黒ずみの原因

先ほどは一例として紫外線のダメージによる黒ずみを説明しましたが、
地肌と違い唇の黒ずみにも様々な原因があります。

紫外線

もちろん、唇も肌の一部なので、紫外線を浴びるとメラニン色素が発生し、黒ずんでしまいます。

顔には日焼け止めを塗る方は多いですが、唇にまで塗る人はなかなかいないと思います。

実は唇は顔のパーツの中では、一番刺激に弱く、紫外線の影響を受けやすい部位なのです。

もし、日焼け止めを塗ったとしてもものを食べる際に取れてしまう可能性も高く、
実は紫外線のダメージが蓄積されているのです。

口紅や化粧品

女性にとってはお化粧は日常生活に欠かせないことですが、
塗ったまま放置をしてしまうと口紅やファンデーションが色素沈着してしまいます。

特に口紅にはタールが成分として入っているものも多く、
タールは紫外線の影響を強くする効果があります。

タバコ

タバコには肌の美白には欠かせないビタミンCを壊してしまう効果があり、肌にはよくありません。

また、タバコを加えると唇の水分が巻紙に吸収されてしまい、唇が乾燥状態になります。

肌肌は外部からのダメージを受けやすく、また、乾燥状態は外部からのダメージを多く受けてしまうため、
それから守るためにメラニン色素を生み、黒ずみの原因となってしまいます。

摩擦

デリケートゾーンの黒ずみの一番の原因は摩擦ですが、唇も例外ではありません。

食べ物を食べた後、脣を強くゴシゴシ拭いてしまったり、
リップクリームを塗りすぎると摩擦が起きて、脣がダメージを受けてしまいます。

また、癖で自分の唇を甘噛みしてしまう人もいますが、出来るだけ自然な唇の使い方をしないと摩擦を生む原因となってしまいます。

血行不良

脣は皮膚が薄く血行不良になってしまうと血管が浮かび上がり、黒ずんで見えてしまいます。

ハーバルラビットで唇の黒ずみを解消できるか

先ほど説明した脣が黒ずむ原因の中でハーバルラビットが効果があるのは、
・紫外線
・タバコ
・摩擦
です。

ハーバルラビットにはメラニン色素抑制効果があります。

有効成分の水溶性プラセンタエキスがメラニンの生成を抑制し、新たな黒ずみをシャットアウトします。その間に、新陳代謝を促し、黒ずんだ皮膚が古い角質となって剥がれ落ち綺麗な元通りの透明感に肌を導きます。

つまり、ハーバルラビットはメラニン色素が原因の黒ずみには効果がありますが、口紅や化粧品による色素沈着、血行不良が原因の黒ずみに関しては効果は期待できないと考えられます。

ハーバルラビットだけでなく、日常のケアも大切

ハーバルラビットは、メラニン色素が原因の黒ずみに関しては効果がありますが、その他の原因の黒ずみに関してはケアすることが難しいです。

唇の黒ずみは紫外線や口紅、血行不良など、様々な要因によって黒ずんでいきます。

仮にハーバルラビットを使って、紫外線による黒ずみを解消できたとしても口紅による色素沈着や、血行不良が改善されないと黒ずみは消えることはありません。

そのため、ハーバルラビットを使いつつも、その他のケアを行っていく必要があります。

保湿ケアをしっかりとする

お風呂上りや洗顔後にお肌を化粧水と乳液でケアすると思いますが、その際に唇を入念にケアしているでしょうか?

リップクリームを日常的に使っている方は多いと思いますが、一番唇が乾燥しているのは、洗顔後です。

洗顔後の乾燥状態の時にしっかりと保湿をしてあげることによって、保湿効果は持続します。

こまめにリップクリームを塗るよりも一回のケアが大切なのです。

特におすすめなのは、唇パックです。

唇パックは市販のものを使ってもいいですし、洗顔後にリップクリームを塗った後にラップなどの自作パックでも十分に効果はあります。

もし、市販のものを使うのでしたら「ピュアスマイルリップパック」が個人的にはおすすめです。

値段もそこまで高くないですし、お風呂上りに5分程度パックするだけで、唇がもっちりとした感触になります。

タール入りの化粧品を避ける

タールの成分が入っている化粧品は紫外線の影響を強くする作用があります。

紫外線を浴びるとメラニン色素による黒ずみの原因となるので、タールの入っていない化粧品を選ぶようにしましょう。

生活習慣の改善

唇のケア方法として一番大切なのは、生活習慣を改善していくことです。

不規則な生活やアンバランスな食事をとると身体の新陳代謝が低下し、血行不良の原因となります。

このような不健康な状態が続いてしまうと、唇だけでなく、顔色全体も悪くなっていきます。

まとめ

唇の黒ずみの原因は様々な種類があるので、ハーバルラビットを使えば、確実に消えるとは一概には言えません。

ですが、保湿や化粧品選び、生活習慣を見直しつつもハーバルラビットを使えば、唇の黒ずみはしっかりと消すことができますよ。

実際にハーバルラビットを使って、その効果を実感してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ