ハーバルラビットは股ずれによる股関節の黒ずみには効果ある?

女性は男性と比べると脂肪が付きやすい体質なので、太もも部分がプニプニして太くなりやすいですよね。

そのため、男性よりも股ずれが起こりやすく、摩擦や蒸れなどの問題も起こりやすい傾向にあります。

そういった股関節部分に刺激が生じるとどうしても起こりやすくなるのが、「黒ずみ」です。

股に黒ずみが出来てしまうと、男性との大事な場面で変に思われてしまうかもしれないですし、水着を切る機会にビキニラインが汚れてしまうかもしれません。

そんな時には黒ずみケアクリームのハーバルラビットを使うと、黒ずんだ股関節部分を綺麗にすることが期待できます。

ハーバルラビットの股関節への効果とは?

ハーバルラビットは黒ずみに対して効果があるケアクリームですが、黒ずみについても様々な種類があります。

では、股ずれによってできる股関節の黒ずみには効果があるのでしょうか?

黒ずみができる原因

黒ずみが起こるメカニズムですが、肌への刺激によってお肌が黒くくすんでしまいます。

皮膚は紫外線や摩擦、炎症など外部からの刺激を受けると、身体を守るためにメラニン色素を生成します。例えば、赤道直下に住んでいる人達を見ると、生まれながらにして色が黒いですよね?それは紫外線から肌を守るためにメラニン色素が多めの肌質になっているからです。もし、ダメージを受けた肌が白いままだと、皮膚がんや皮膚病にかかってしまうリスクが高まります。

このように、メラニン色素自体に害悪はなく、むしろ身体を守るために必要なものなのですが、私たち日本人の肌に黒ずみは浮いてしまって、非常に目立ってしまいます。

股ずれで黒くなる股関節

股ずれと言う文字の通り、「股が擦れる」ことを言います。

先ほど説明した通り、皮膚は摩擦でダメージを受けると、メラニン色素を分泌して肌を黒くする作用があります。

ですが、普通はちょっとしたダメージなら肌が生まれ変わるタイミングに一緒に黒い肌は剥がれ落ちて新しい白い肌に生まれ変わります。

しかし、加齢や生活習慣の乱れにより、肌のターンオーバーが乱れてしまうと、肌の生まれ変わりのサイクルがどんどんと伸びてしまい、メラニン色素が蓄積されてなかなか落ちなくなっていきます。

つまり、ターンオーバーを正常化することが美白への近道なのです。

ハーバルラビットはメラニン色素に対して効果的

ハーバルラビットには有効成分として、グリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスが配合されています。

これらの成分には、肌のターンオーバーを正常化し、メラニン色素を分解する効果が期待できます。

グリチルリチン酸2K

甘草と言われる簡保にも使われる薬草から抽出される成分で、抗炎症作用と抗アレルギー作用があります。

股ずれが起こると肌に対して摩擦が加わり、炎症反応が起こります。

グリチルリチン酸2Kの抗炎症作用により、股ずれによる炎症を抑え、メラニン色素の分泌を抑制する効果が期待できます。

水溶性プラセンタエキス

プラセンタエキスは哺乳類の胎盤から抽出された成分で、新陳代謝を活発化する効果があります。

いくら股ずれによる炎症を防いだとしても、すでに蓄積されているメラニン色素は滞留したままです。

そこで、この水溶性プラセンタエキスの効果によって肌のターンオーバーを正常化します。

肌の生まれ変わりの周期は20代で28日、50代で75日と言われています。

加齢とともにターンオーバーの周期は伸びてしまうのですが、プラセンタエキスで周期を短くしてあげることで、肌の生まれ変わりを早くします。

このように2つの有効成分によって、股ずれによって起こる股関節の黒ずみをケアすることが期待できます。

まとめ

股ずれが常態化してしまうと、摩擦が起き、肌はメラニン色素を生成します。そうすると股関節部分が黒ずみ、見た目的には良くない状態になります。

しかし、メラニン色素の生成を抑制し、分解する効果が期待できるハーバルラビットを利用すれば、黒ずみをケアすることが可能になります。

そうすれば、男性からの評価も良くなりますし、ビキニラインも気にすることなく、水着を着ることができるようになりますよ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ